カテゴリ:
朝日が、Eさんを連れて行ったお店は、今時のオシャレなお店。というよりも、こじんまりとした昔ながらのお店。という感じなので、気に入ってもらえるか心配だったのですが、席についてすぐ、こんなことを言われました。

Eさん「すごく雰囲気の良いお店ですね〜。こういう落ち着いた感じのお店、大好きなんです。(^_^)」

朝日「ほんとですか?なら、よかったです。」

気を使ってではなく、心からそう思ってくれているんだろうな〜。というのが伝わる言い方で、Eさんの人の良さというか、温かさを感じました。

ふと、もし今日会うのがBさんだったら、ここに連れてきたかな?と思いました。
Bさんは『インスタ映え。』するような、今時のお店が好きそうだし・・・。と思い、ここのお店には来なかったんじゃないかと思いました。
そう考えると、やっぱりEさんとの方が気が合うし、こういう価値観の一致が一番大切な事なんじゃないかな。。と感じました。

それと、気のせいかもしれませんが、さっき会ったばかりのときよりも、声のトーンが落ち着いてきているような・・・?と気がつきました。
もしかしたら、Eさんて緊張し過ぎると、声が上ずってしまうタイプのかな?と思いました。

正直、いくらなんでも、ずっとあの調子で話されたら耳が疲れちゃいそうだな。。と思ってしまっていたので、普段はそうじゃないということが分かり、ホッとしました。(⌒-⌒; )

注文した料理が来るまでの間、Eさんが最近見たという映画について話してくれたのですが、話をしているEさんの顔を見ているうちに、なんとなく、不思議な感じになりました。
写真では全く思わなかったのですが、こうして対面して見ると、なんとなく懐かしい感じというか、既視感のようなものを感じるというか。。(・・?)

ぅう〜ん・・?と思っていると、突然ハッと、前の会社の上司にどことなく似ていることに気がつきましたっ。(°_°)
朝日が会社を辞める原因になった、あの大っ嫌いだった上司本人ではないものの、その上司も傲慢で、部下全員に嫌われているような人間性だったので、うわ〜っせっかく良い感じに進んでいるのに、余計なこと気づかなきゃよかった〜!と思ってしまいました。。(T_T)