カテゴリ:
気付かなくてもいいようなことに気付いてしまい、心の中でガックリと来てしまった朝日ですが、もうこれから会うこともない人の顔なんて忘れるに限るっ。と、『なんとか割り切ろう!』と決めました。(−_−;)

そして、1つのメニューを2人で見ながら、何を頼むか決め、朝日はオムライス、Eさんはナポリタン、そして2人とも、サラダのセットをプラスに頼みました。

最初に、セットのサラダが運ばれてきたのですが、食べる前までにこやかに会話をしていたEさんが、サラダを目の前にした途端、目の色が変わった気がしましたっ。(°_°)
朝日と目を合わせ、「じゃあ頂きます〜。」と優しい笑みで言うや否や、フォークをガッと持ち、ガツガツと勢いよく食べ始めましたっ。( ̄O ̄;)

無我夢中というか『貪り食う。』という言葉がピッタリの様に見えてしまい・・・、正直、あまり食べ方が綺麗じゃないな。。と思ってしまいました。(;´Д`A
今までにも、食べ方が微妙な人はたくさんいましたが・・・、サラダをこんな勢いで食べる人ってそうそう見ないよなァ・・・。と、つい凝視してしまいそうになり、いやいや、自分が食べることに集中しなくてはっ。と、Eさんから視線を外しましたっ。

あっという間に食べ終え、空になったEさんのお皿を見て、ま、まあ、よっぽどお腹空いてたのかな・・・?(・・;) と、この時はそう思っていました。
いや、『思っていた。』というよりも、『そう思いたかった。』のかも知れません。。(ーー;)

続けて運ばれてきたナポリタンを目の前にして、「わっ、すごい美味しそうですね〜!」と、嬉しそうに言うEさんの姿は、一見、微笑ましくも思えたのですが・・・。
先ほどの様子を思い出して、なんとな〜く、嫌な予感がしてしまいました。。(; ̄ェ ̄)

巻かないで、ズズッと啜って食べだしたらどうしよう・・・と、内心、ドキドキしていたのですが、さすがにそんなことはなかったので、ホッとしてしまいました。(⌒-⌒; )
ジロジロと見てしまっていた、朝日の視線に気がついたのか、顔を上げたEさんが、こんなことを聞いてきましたっ。

Eさん「ナポリタン、すごく美味しいですよ。一口食べますか?」

朝日「・・えっ?!あ、いや、大丈夫ですっ。」

まさか、そんなことを言われると思わなかったので、つい強めに断ってしまいましたっ。(*_*)