アーカイブ

November 2019

カテゴリ:
さすがにまた、キャンセルという事はないだろう。。とゆう気持ちと、Bさんのことだから、その『また』も普通にあり得そう・・・・。と、半々の確率だと思っていたのですが、メッセージの内容はこういったものでしたっ。

Bさん『ごめん!明日なんだけど待ち合わせ1時間遅らせてもらっていいかな?』

あぁ、そうだ、こういったパターンもあるんだった・・・・。と、変に納得してしまいました。( ̄◇ ̄;)

心配していた、キャンセル。というわけではありませんでしたが・・・、前日にこう言ってくるのが、なんとも、Bさんらしいというか。。(; ̄ェ ̄)
とはいえ、1時間遅れたところで、特に困ることもないので、ひとまず、『分かりました!』と承諾の返信をしました。

ただ、今はまだ良くても、こういうのが続いていくと、次第にルーズさが許せなくなってきたりするのかもなァ。。と、思ってしまいました。

朝日はどちらかというと、予約や待ち合わせをしていたら、時間に余裕を持って行動したいタイプなので、Bさんのこういったらかんかくあとは、真逆も真逆なんですよね・・・。
とはいえ、そうは思っていても、いざ会うと話もとても楽しいし、イロイロと気を使ってくれるしで、変に畏まっていない感じが、朝日をリラックスさせてくれているとも思うので。。

まあ、良い風に取ると、Bさんはこのルーズさが、逆に、『心地よい。』と感じさせるのかも知れませんね・・・。(⌒-⌒; )

Bさんへの返事を返したすぐ後に、Eさんからラインが届いたのを確認したのですが、急な眠気に襲われ、Eさんへの返事は明日でいいや。。と、眠りにつきました。
翌日、朝一番にスマホを確認すると、朝日が寝てしまってからEさんから3件も、通知が来ていましたっ。(°_°)

えっ?!とすこし戸惑いながら、ラインを開くと、ズラズラっとした長文の吹き出しが並んでいました!
パッと確認してみたところ、昨日の面接の感想というか、『朝日さんのこういった所が良いと思いました 〜 』という感じで、とても細かくイロイロと書かれていました。(°_°)


カテゴリ:
たしか、前も、婚活の面接で、こんな風に握手を求めてきた人がいるような気がする・・・。と、顔すら思い出せませんが、そんな事があったのを思い出しました。
そもそも、プライベートでの握手。って、かなり珍しい気が。。( ̄▽ ̄;)

手を差し出されて、スルー。とゆう訳にはいかないので、おずおずと手を重ねると、Bさんがこんな言葉を発しましたっ。

Bさん「これから2人が上手く行くことを願って。。」

握手をしながら、そんなことを言うので、なんだか乾杯の挨拶みたいだな・・・と、思ってしまいました。(⌒-⌒; )

今日、結構な時間を朝日と過ごして、『これからも続けていきたい。』と思ってくれたことは、単純に嬉しい。と思いましたし、女性としての自信を失いかけていた朝日には、身に染みました。

ほんとうに、BさんもEさんも、2人とも朝日にとても優しくしてくれて、最近、すっかり忘れかけていた、トキメキ?女心?みたいなものを、久しぶりに思い出しました。
歳をとるにつれて、婚活サイトでもめっきりアプローチが減り、マッチングまで行くのもそう簡単には行かなくて、、難航している分こんな風に接してくれるのが、いかにありがたいことなのか、身に染みてしまいました。

まあ、朝日の場合、長い間、婚活サイトの主みたいに居続けている。とゆうのも大きいような気がするので、歳のせいにするのは違うかも知れませんね。。(;´Д`A

Eさんと別れ、家に帰り、しばらく経った後、ラインの通知音が聞こえましたっ。
Eさんからラインかなっ?と思い、急いでスマホを確認すると、予想とは違い、Bさんからでした!

ぅう〜ん、、Bさんから・・・というと、正直、あまり良い予感がしないんですよね・・・(ーー;)

前に、約束していた日の前日に突然キャンセルされたのを、いつまでも根に持つのもどうかと思うのですが、未だに、心の中で完全に処理しきれていないというか。。
多分、ちゃんとした、キャンセルの理由を教えてもらっていないからだと思うのですが、今更、『なんでドタキャンしたの・・・?』と聞くことも出来ないですし。。(*_*)

また、キャンセルされたらどうしよう。。と、ドキドキしながらメッセージを確認しましたっ。


カテゴリ:

Eさん「あまり見ないかな〜。ニュースとかは多少・・・でもそれも、最近はネットで事足りちゃいますね。」

朝日「あ〜、そうですよね〜。。」

自分で聞いておきながら、この質問で『アニメが好きでよくみてます!』なんて、どっちにしろ返ってくる訳がないな・・・。と、気付き、アホすぎたな・・・と反省しました。(⌒-⌒; )

Eさん「朝日さんは何か見るんですか?」

朝日「私も最近はあんまり・・・あ、でも、たまに姪と子供向けのアニメを見たりします。」

完全に無意識でしたが、自然にアニメの話題を出していたことに、言葉を発した後に気が付き、あっこの流れならもしかして・・・・!と思いましたっ。
どんな返しをしてくるのか、ドキドキしながら様子を伺ってみたのですが、「あ〜・・」と声を出したかと思うと、こう言葉を続けましたっ。

Eさん「今時の子って、#ンパンマンとか見ないんですか?」

意外な方向からの返答だったので、ちょっと拍子抜けしまいつつ、素直に言葉を返しました。

朝日「・・見てましたよ〜!最近は、お姉さんになってきたから見てないですけど、#まじろうとかも見てました。」

その後は、お互いの子供の頃に何のテレビを見ていたかの話になり、気づくと、給食の話になっていたりして、アニメとはまったく関係のない会話になってしまいましたっ。(; ̄ェ ̄)

そもそも、あの映画館に貼ってあったポスターのアニメとは、また、種類が違う?のだろうし、やっぱり聞き出そうとするのは無理があるのでは・・・・?と思い始め、スッパリと諦めました。。(*_*)

予想していなかった会話の流れになってしまいましたが、思いのほか、子供の頃の話で盛り上がり、楽しく会話をしながら過ごすことができましたっ。
ただ、Eさんの言ってることが、朝日にはあまりピンと来なくて、多少、ジェネレーションギャップを感じてしまったりもしましたが・・・・。(⌒-⌒; )

そんな風に、楽しく会話をしているうちに、あっという間に、駅へ到着してしまいました。
Eさんに、『今日はありがとうございました。』と最後のお礼を言うと、Eさんから、スッと手を差し出されたので、「えっ?!(・・;)」と戸惑ってしまいましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×